東方風止極想 ~All winds always will stop blouwing 公式ブログ

任天堂のサービス「うごくメモ帳3D」で執筆中の東方二次創作小説のHPです

Another story of black fog~ Story of Reaper 前編

小町「いやぁー…何にも縛られない休日はいいもんだぁ~」

久々に普通の休みを上司からもらった。理由はよくわからないが、

とにかく休めとのことだ。理由は気になるが、休みを貰えたことに変わりはない。

里のほうにでも出て、何か食べながらほっつき歩くかねぇ~。

あたいは里のほうに飛んでいった。

                                      

里のほうに着くと、何やら人間たちが騒がしい。

皆、不思議そうな顔や不安そうな顔をして話をしていた。

「どうしたんだい??そんな暗い顔をして。」

六人ほどで話をしていた連中に声をかけた。

「ああ??どちら様だ??」

「休日を満喫したい仕事熱心な船乗りさ。んで??どうしたんだ??」

「それがよ、今朝位からなんだがよ。やけに黒い霧が漂ってるんだ。」

 「黒い霧?…かかってないようだけど。」

周囲には黒い霧なんてものは見当たらなかった、普通の青空に普通のお天道様だ。

「ここはな。でも、時期にここにもあの霧は迫ってくるだろうって皆話してる。」

へぇ…ちょっと様子を見てこようか。危なそうな予感がする、

悟られないように場所だけ聞いてみるかな。

「ほぉーん。その霧の発生源は??」

「多分山の方と、無縁塚の方。」

「なんだ、一か所から湧いてるんじゃないのかい??面倒くさいなぁ。」

「はぁ?あんたまさかとは思うが、その霧の発生源に行こうとでも考えてるのか?」

ばれました、この間約30秒。

「あ~…ばれちまったかい。あたいはちょっと特殊でね、

 山の方見に行くくらいどうってことないさ。」

「ふーん…まぁ、命が惜しけりゃやめとけ…と、言いたいところだけど

 確かにあんた、強そうだもんな。そのでっかい鎌もかなり良質と見える。」

「お、見る目があるじゃないか。じゃ、ちょっくら見てくるよ。

 …って、命が惜しけりゃってどういうことだい??」

「ん?山にあの霧見に行った男共が4時間ほど帰らなくてね。

 妖怪にでも食われちまったんじゃないかって噂されてんだよ、

 まぁ、この寒さだし、山で野垂れ死んでんじゃねぇかともいわれてるが。」

4時間か…あの山じゃそれくらいかかってもおかしくないけど……

「へぇ…じゃあ、そいつらも探してきてやるよ。まっすぐ山に向かったのかい??」

「ああ、頑張ってな。」

「どうも。じゃあねぇ~」

妖怪の山……一昔前に越してきた一派がまた何かやらかしたか?

                               

妖怪の山の麓に着いた。空は黒ずんでおり、

お天道様も隠れてしまっている。発生源はここで間違いないようだ。

「……この霧に妖怪の山の連中はどういう対処をしているのか、

 そいつから確認してみるかねぇ。」

あたいは山を登っていった。

……そして、中腹あたり、守矢神社付近で異常に気付いた。

普段どの辺にでもいるはずの河童、山を哨戒する天狗が道中に一切見かけなかったのだ。

一斉にどこかへ移動したか?といってもどこに?そもそも何で?

……考えたところで埒が明かない。

「……あっ、そうだ。」

そういえば守矢神社は博麗神社とは違ってしっかり神様が祭られてるんだったな。

しかも片方は引きこもりだと聞く、訪ねてみて損は無いんじゃなかろうか。

あたいはすぐ近くに建つ神社、守矢神社へと向かっていった。

 

                             Continue to the Phantom

 

 

というわけで、本編とは別の視点。死神、小野塚小町の視点から描いた黒い霧の異変。

これ書き始めたの今年の1月くらい何だけど……いま10月の下旬か、いつも通りと言えば

何時も通りだが……慣れすぎたな、これは……うーん。どうかなぁ、1410文字では

掛けすぎかな、これ。まぁ、こっちは本編じゃないんだけどさ……

 

 

次回は間違いなく来年かな。

1話 11話 12話 13話 一周年記念について

過去に投降した

1話「物語の幕開け」

11話「もう二つの覚醒方法」

12話「不自然現象とDANGER CROSS」

13話「司書とシーフの共同戦線」

一話リメイク 二話リメイク

「男たちの趣味それぞれ」は

URLの記載により運営に削除されました

再投稿はほぼ間違いなくしません

(ただ、まとめには収録するので完結までお待ちください)

第一話 リメイク

「…何もない日々、不変な日々、嫌気が刺す…」

忘れ去られたものが最後にたどりつく楽園、幻想郷

その中に存在する広大な竹林の中に小さな小屋がある

「まぁまぁ…いいことなんじゃない??争いごとのない日々

    特に事件もなく、調査に駆り出されることもないし」

その小屋の中で、青年少女が意味もなく暇をつぶしていた

「まぁ…そうなんだが…お前の争い事云々は何の説得力もないぞ、妹紅」

少女の名は「藤原妹紅」死と老いを失う薬、「蓬莱の薬」を服用し

輪廻転生の周期から外れた人間である

「なんでだ??私…何か変なことしてるか??グレイ」

青年の名は「グレイ・テイルズナイト」本名「神谷龍之助夜永

彼もまた、「蓬莱の薬」を服用して不変の存在となった人間である

「今朝までどこぞのお姫様と大暴れしていたのはどこのどいつだ…」

「え、だってあれは仕方なくて…外に出たら出くわしちゃって」

「なんでそのまま素通りできないんだ…」

「会ったからには戦わなきゃならない…チャンスはいつ来るかわからないからな」

妹紅には仇敵がいる、自身の父に恥をかかせてそのまま逃げ

今尚のうのう暮らしている姫君だ。が、この話はいつか

「近所迷惑にも程がある…お前ら二人の戦いは加減を知らないからな…

 また火事でも起こしたらどうするつもりなんだ…」

「大丈夫だ!!もう火事は起こさないからさ!!」

「その言葉を2ヶ月前にも聞いた。そしてその2日火事を起こしたよな…」

妹紅は火の妖術を主体として戦う、そして戦地は必ず竹林

よく小火を起こすのだ

「あれは不可抗力だ!!あれは輝夜がちゃんと周りを見ないで私の火を弾いたから…」

「頼むから本当に火事だけは止めてくれ…爆竹のような音がいまだ聞きなれない上

 長い間耳につく。せめて夜中は避けてくれ…」

「ん、善処する」

「そうしてくれ」

そこで会話は途切れ、5分ほどの沈黙が漂った

「…それにしても…暇だなぁ…」

「ああ…話すこともそんなにないしな…」

「何か…面白いことでもないも「ズドォォォォン!」

妹紅の言葉を遮り、巨大な爆発音が響いた

「なんだ今の爆音!?」

グレイと妹紅はすぐさま外に飛び出し、屋根の上に上った

「どこから来たんだ今の!!見えるかグレイ!!」

「…あれだ、見事に煙も吹いてる。その上酷い殺気だ…」

グレイには殺気を見ることができる目を持つ

その眼が捉えた殺気は恐ろしく強大だった

「あの量はまずい…竹林外だが一応確認に行こう」

「そうだな!!急ごう!!」

 

二人は屋根から飛び、爆発の発生した竹林の外

妖怪の山の麓へ向かった

 

 

                  To be continued in our Next Phantom…

 

 

暇だったので(単にPC版をしばらく更新してなかったので)

またまた第一話をリメイクしました

本編を読んでるうちの何人がこのリメイクに気付くかな??

もしみたならば、次本編を見た時にコメントの最後の行に「3/3」か

「7/5」と入れたまえぇぇえ!!(特に何もないけど)

予告:「紅の霧の下の門の前の門番と」

現在より時は遡り…第百十八季、夏

紅の霧に包まれた幻想の郷

怪しい館の中で博霊の巫女と普通の魔法使いが暴れていた間

門の前で起きていた激戦

その戦いは霧が晴れようと続いた

永久の時を持つ剣士「グレイ・テイルズナイト」と、中華小娘「紅美鈴

意地と信念と根性のぶつかり合いが今ここに

 

そのうち公開!!!

グレイ「何でこうなったかは俺の情報から」

一周年小説 その後

隼人「みんな帰ったな」

グレイ「そうだな…」

亮平「二人とも帰らないんですか??」

蕎麦屋で特殊性癖の話をしたあと、隼人、グレイそして亮平を除く

全員は自宅に帰っていった

グレイ「寒いのは苦手だからな…もう少しここにいたい」

隼人「俺も、帰ってる間に妖精の悪戯にでもあったら目も当てられないしな」

亮平「そ、そうっすか」

 

隼人「ところで、そのお前が言ってたルナサの格好ってのは一体…」

グレイ「あぁ…」

グレイは遠い目をしながら口を開いた

グレイ「黒の上着は着ていない、Yシャツのボタンが全て外れていて

    ところどころ捲れている。スカートも中身が見える見えない

    寸前のところまで捲れて足がよく見える

    これで襲わずに何をしろと…」

 

 

隼人「なら仕方ない」

亮平「ええ!?」