東方風止極想 ~All winds always will stop blouwing 公式ブログ

任天堂のサービス「うごくメモ帳3D」で執筆中の東方二次創作小説のHPです

楽園の閻魔と永遠の咎人

人間の里。幻想郷に生きる人間の大半が暮らすこの小さな里は、いつも以上に賑やかだった。 いつもとは違う、一点に集中した活気の中心には、一人の少女。

少女の名は「四季映姫・ヤマザナドゥ」。三途の川の先にある彼岸で、死者の魂に裁きを下す「楽園の閻魔」。

彼女は休暇を得ると現世に姿を現し、生きる人妖に死後少しでも下される罰が軽くなるように生活改善を促すよう説教をして回る。

彼女の言うことは大抵が正論。その言うことを基に生活を改善したならば、間違いなく死後はそのままよりはマシなものになる。

そのため、多くの人間からは敬われている。

しかし、話が長い、断りもなく人のプライバシーや過去を覗く、正論が突き刺さるなどの理由で、苦手としている者も多い。

 

――――――嫌なタイミングで里に来てしまった、と、男はため息をついた。 男は神谷龍之助夜永。

ひょんなことから不老不死となってしまい、三千五百余年を生きてきた青年の姿をした老人だ。

とある廃洋館での用事を済ませて迷いの竹林への帰り道。人里が何やら賑やかだったので立ち寄ってみたのが間違いだった。

まさか閻魔の来訪での賑わいだったとは。しかも、最悪なことに閻魔と真正面からかち合ってしまった。

 

「どうかされましたか?溜め息などついて。」

少女の姿とはかけ離れた、格式高い態度で閻魔は神谷に話しかける。 神谷はこの仏が苦手だった。

遠くから一目見た瞬間、気付かれないように持てる力を駆使して全力で邂逅を回避するほどだ。

「寄り道をしている場合ではないな。と思っただけです、閻魔様。」

どう切り抜けようかなんて考える暇もない。彼女は二言目には説教というほどに説教好きで有名だ。1秒でも隙を見せられない。

「それでは。」と、さっさとその場から立ち去ることにした。

「待ちなさい、老爺。」

「失礼ですが、あまり暇ではないのです。人を待たせているので。」

人のことは考えてはいるが人の心は考えていない声を背に受ける。

これはマズいと適当な言葉を並べて神谷はそこから走り去った。

 

「あ、ちょっと!!」

四季映姫は神谷を追う。もう何ふり構っていられなくなった。自らの持つ力を行使して、空気の壁を背に作る。

彼女は、その壁に衝突して尻餅をついた。

「あいたたた……」

ずいぶんと勢いよく衝突してくれたようで、四季映姫は少し眩んでいる。

「悪いですけど、追わないでください。」と言い残して神谷は空に飛び去った。

――――それから半刻。四季映姫は追ってくる気配もない。神谷は迷いの竹林の奥深く、人間や妖怪どころか、神ですら到達の厳しいところにある小屋に逃げ込んだ。

神谷の居候先であり、またこの竹林の道案内をしている少女、藤原妹紅の住居だ。

戸を閉め、部屋の奥で床に倒れこむ。たった3分程度の相手だったはずなのに、ここまで神経を擦り減らすことになるとは。

酷く体も脱力して、もう今日は動きたくなくなった。

――――天井を眺め、眠気の中、一刻。ふと、今日したことの、のちに帰ってくる面倒に気が付いた。

閻魔を振り切るためとはいえ、少々人里の中でやりすぎた。 しばらくあそこには近づかないほうがいいだろう。

人の多い場所であそこまでしては、しばらく立ち寄るのは無理だ。それに、あの閻魔。

おそらくは覚えられただろう。 次に会ってしまったら今度は逃げられない。

これからはもっと、警戒しておかなければ。

 

「はぁ……」

 

こう考えると、とんだ一日だ。運がなかった。ああ、こんな一日はさっさと終わらせてしまったほうがいい。

妹紅はまだ帰ってきていないが、もう寝てしまおう。 神谷は体を横にして少し丸くなり、眠りについた。

 

――――――それから、六刻ほど。誰かに体を揺られ、目が覚めた。

 

「起きた?龍之助。」

「……ああ。」

 

声で体を揺らしたのは、家主の藤原妹紅だと察した。

 

「珍しいな、こんな夜に寝てるなんて。」

「……少し、疲れててな。」

神谷はゆっくりと体を起こして、壁によりかかった。目を開くと、暗闇が広がる。

この小屋には夜は光がほとんど入らない、部屋の真ん中にある囲炉裏だけが光源になる。

 

「明かり入れるか?」

 

妹紅の声に神谷はああ、とだけ返す。やがて、部屋にオレンジ色の明かりが灯った。

それと同時に、神谷は驚きの声を上げた。

 

「なんです、いきなり大声をあげて。」

「は、はぁ!?なんですじゃない!!なんでだ!?」

 

驚愕の根源は、目の前に突然現れた。いや、最初からいたのだろうが気付かなかった、緑色の髪をした少女だった。

見開いた眼を、その少女から囲炉裏に火を入れた妹紅に移すと、彼女は言った。

 

「あぁ、そいつ。お前を探してたっていうから連れてきたんだよ。」

「あ……ぁ……」

 

神谷はすっかり口を開けて、茫然とする。

その、妹紅が連れてきた少女は、昼間に全力で振り切った閻魔。四季映姫・ヤマザナドゥだった。

その四季映姫が言う。

 

「時間はあまり残ってはいませんが、あなたには言わなければならないことがあったので、ここまで彼女に案内していただきました。神谷龍之助夜永。」

「冗談じゃない……」

「今は、誰も人を待たせていませんね?」

吹き出た汗を拭く余裕もない。寝起きの頭で、どうにか逃げる手立てを考えるが、何もなかった。

完全に、どうしようもなかった。

四季映姫は、胸元から手鏡を取り出してから続けた。

 

「あなたが飛び去るとき、この浄玻璃の鏡があなたの過去を映しました。」

「……そう。」

 

観念したように、神谷はうつむいて答える。

 

「あなたの過去を見て、正直身の毛がよだちました。これほどに罪を犯している人間は見たことがありません。」

「……そうだろうな、不老不死だし。」

「その不死から、過去重ねてきた罪。そして、これから先犯す罪。このままではあなたは死後、地獄に落ちるでしょう。」

「……死なないけどな。」

まずは黙って聞きなさい、と、四季映姫は悔悟棒で神谷の頭を叩いた。

「先ほども言った通り、あまり時間がありません。簡潔に済ませます。」

「……。」

「あなたは自らの不死の人生で後悔を重ね、それが苦しいあまりに、未来が怖いあまりに、現状どうすれば自分を守ることができるかしか考えられていない。

 それではいつか、あなたが強く後悔している七代目の巫女の時と同じような。それどころか、それよりも大きな悲劇を引き起こしかねません。」

「……あれよりもか。」

「そうです。長い生、それをひたすらに今、今、今と生きていては、あまりに危険。」

 

一息おいて四季映姫は言った。

 

「そう。あなたは少し未来に失望しすぎている。」

 

黙って神谷は閻魔の顔を仰いだ。真剣な表情で、閻魔は神谷を見る。

対して神谷はひどく曇っていた。 この閻魔のいうことは、まったくその通りだった。

自分は、後悔を重ねすぎた。蓬莱の薬の服用から、故郷を離れたこと、幻想に落ちたこと。

後悔しすぎて、何かするのが怖くなった。 どうやっても、未来が恐ろしいものになる。

だから、いつしか、今をどう生きるかだけを考えるようになった。

そして、閻魔を避けていたのは、これを指摘されるのがいやだったからだった。 自分は、これに縋って生きているからだ。

「少しは未来に希望を持ちなさい。あなたにあるのは今と過去だけではないのです。それをよく考えなさい。」

「……あぁ。」

 

神谷が答えると、四季映姫は「それでは。」と背を向け、小屋の戸に手をかける。

戸を開ける前、少し彼女は後ろを見た。

 

「いつか、ちゃんと私の教えが活かせているか確認しに来ますよ。神谷龍之助夜永。」

「……わかった。」

「それと、八雲紫にそのうちあなたの元に行くということを伝えておいてください。七代目の巫女の件を隠していたことをちゃんと話していただくので。」

それには、神谷は答えなかった。

 

――――――四季映姫は戸を開け、小屋から出て行く。その背を黙って見送った。

 

「――――大丈夫か?龍之助。」

囲炉裏の前で座り込んでいた妹紅が神谷に声をかける。

「……こてんぱんに言われたよ。」

「すごかったね、あいつ。尋常じゃない空気だったけど、誰なんだ?」

「閻魔だ。……幻想郷縁起に載ってる。」

「閻魔だって?へぇ、私たちには無縁な存在だと思ってたけど、こんなところで会うこともあるのか。」

 

神谷は黙って、体を倒した。

 

「寝るのか?」

「……。」

 

未来に希望を持て。などと簡単に言われても、じゃあどうすればいいかなんて、自分にはわからない。

変化できない、進化できない、この不老不死は。どうしたら、後悔せずに済むだろうか。

考えれば考えるほど、頭は白くなる一方だった。

Another story of black fog~ Story of Reaper 前編

小町「いやぁー…何にも縛られない休日はいいもんだぁ~」

久々に普通の休みを上司からもらった。理由はよくわからないが、

とにかく休めとのことだ。理由は気になるが、休みを貰えたことに変わりはない。

里のほうにでも出て、何か食べながらほっつき歩くかねぇ~。

あたいは里のほうに飛んでいった。

                                      

里のほうに着くと、何やら人間たちが騒がしい。

皆、不思議そうな顔や不安そうな顔をして話をしていた。

「どうしたんだい??そんな暗い顔をして。」

六人ほどで話をしていた連中に声をかけた。

「ああ??どちら様だ??」

「休日を満喫したい仕事熱心な船乗りさ。んで??どうしたんだ??」

「それがよ、今朝位からなんだがよ。やけに黒い霧が漂ってるんだ。」

 「黒い霧?…かかってないようだけど。」

周囲には黒い霧なんてものは見当たらなかった、普通の青空に普通のお天道様だ。

「ここはな。でも、時期にここにもあの霧は迫ってくるだろうって皆話してる。」

へぇ…ちょっと様子を見てこようか。危なそうな予感がする、

悟られないように場所だけ聞いてみるかな。

「ほぉーん。その霧の発生源は??」

「多分山の方と、無縁塚の方。」

「なんだ、一か所から湧いてるんじゃないのかい??面倒くさいなぁ。」

「はぁ?あんたまさかとは思うが、その霧の発生源に行こうとでも考えてるのか?」

ばれました、この間約30秒。

「あ~…ばれちまったかい。あたいはちょっと特殊でね、

 山の方見に行くくらいどうってことないさ。」

「ふーん…まぁ、命が惜しけりゃやめとけ…と、言いたいところだけど

 確かにあんた、強そうだもんな。そのでっかい鎌もかなり良質と見える。」

「お、見る目があるじゃないか。じゃ、ちょっくら見てくるよ。

 …って、命が惜しけりゃってどういうことだい??」

「ん?山にあの霧見に行った男共が4時間ほど帰らなくてね。

 妖怪にでも食われちまったんじゃないかって噂されてんだよ、

 まぁ、この寒さだし、山で野垂れ死んでんじゃねぇかともいわれてるが。」

4時間か…あの山じゃそれくらいかかってもおかしくないけど……

「へぇ…じゃあ、そいつらも探してきてやるよ。まっすぐ山に向かったのかい??」

「ああ、頑張ってな。」

「どうも。じゃあねぇ~」

妖怪の山……一昔前に越してきた一派がまた何かやらかしたか?

                               

妖怪の山の麓に着いた。空は黒ずんでおり、

お天道様も隠れてしまっている。発生源はここで間違いないようだ。

「……この霧に妖怪の山の連中はどういう対処をしているのか、

 そいつから確認してみるかねぇ。」

あたいは山を登っていった。

……そして、中腹あたり、守矢神社付近で異常に気付いた。

普段どの辺にでもいるはずの河童、山を哨戒する天狗が道中に一切見かけなかったのだ。

一斉にどこかへ移動したか?といってもどこに?そもそも何で?

……考えたところで埒が明かない。

「……あっ、そうだ。」

そういえば守矢神社は博麗神社とは違ってしっかり神様が祭られてるんだったな。

しかも片方は引きこもりだと聞く、訪ねてみて損は無いんじゃなかろうか。

あたいはすぐ近くに建つ神社、守矢神社へと向かっていった。

 

                             Continue to the Phantom

 

 

というわけで、本編とは別の視点。死神、小野塚小町の視点から描いた黒い霧の異変。

これ書き始めたの今年の1月くらい何だけど……いま10月の下旬か、いつも通りと言えば

何時も通りだが……慣れすぎたな、これは……うーん。どうかなぁ、1410文字では

掛けすぎかな、これ。まぁ、こっちは本編じゃないんだけどさ……

 

 

次回は間違いなく来年かな。

1話 11話 12話 13話 一周年記念について

過去に投降した

1話「物語の幕開け」

11話「もう二つの覚醒方法」

12話「不自然現象とDANGER CROSS」

13話「司書とシーフの共同戦線」

一話リメイク 二話リメイク

「男たちの趣味それぞれ」は

URLの記載により運営に削除されました

再投稿はほぼ間違いなくしません

(ただ、まとめには収録するので完結までお待ちください)

第一話 リメイク

「…何もない日々、不変な日々、嫌気が刺す…」

忘れ去られたものが最後にたどりつく楽園、幻想郷

その中に存在する広大な竹林の中に小さな小屋がある

「まぁまぁ…いいことなんじゃない??争いごとのない日々

    特に事件もなく、調査に駆り出されることもないし」

その小屋の中で、青年少女が意味もなく暇をつぶしていた

「まぁ…そうなんだが…お前の争い事云々は何の説得力もないぞ、妹紅」

少女の名は「藤原妹紅」死と老いを失う薬、「蓬莱の薬」を服用し

輪廻転生の周期から外れた人間である

「なんでだ??私…何か変なことしてるか??グレイ」

青年の名は「グレイ・テイルズナイト」本名「神谷龍之助夜永

彼もまた、「蓬莱の薬」を服用して不変の存在となった人間である

「今朝までどこぞのお姫様と大暴れしていたのはどこのどいつだ…」

「え、だってあれは仕方なくて…外に出たら出くわしちゃって」

「なんでそのまま素通りできないんだ…」

「会ったからには戦わなきゃならない…チャンスはいつ来るかわからないからな」

妹紅には仇敵がいる、自身の父に恥をかかせてそのまま逃げ

今尚のうのう暮らしている姫君だ。が、この話はいつか

「近所迷惑にも程がある…お前ら二人の戦いは加減を知らないからな…

 また火事でも起こしたらどうするつもりなんだ…」

「大丈夫だ!!もう火事は起こさないからさ!!」

「その言葉を2ヶ月前にも聞いた。そしてその2日火事を起こしたよな…」

妹紅は火の妖術を主体として戦う、そして戦地は必ず竹林

よく小火を起こすのだ

「あれは不可抗力だ!!あれは輝夜がちゃんと周りを見ないで私の火を弾いたから…」

「頼むから本当に火事だけは止めてくれ…爆竹のような音がいまだ聞きなれない上

 長い間耳につく。せめて夜中は避けてくれ…」

「ん、善処する」

「そうしてくれ」

そこで会話は途切れ、5分ほどの沈黙が漂った

「…それにしても…暇だなぁ…」

「ああ…話すこともそんなにないしな…」

「何か…面白いことでもないも「ズドォォォォン!」

妹紅の言葉を遮り、巨大な爆発音が響いた

「なんだ今の爆音!?」

グレイと妹紅はすぐさま外に飛び出し、屋根の上に上った

「どこから来たんだ今の!!見えるかグレイ!!」

「…あれだ、見事に煙も吹いてる。その上酷い殺気だ…」

グレイには殺気を見ることができる目を持つ

その眼が捉えた殺気は恐ろしく強大だった

「あの量はまずい…竹林外だが一応確認に行こう」

「そうだな!!急ごう!!」

 

二人は屋根から飛び、爆発の発生した竹林の外

妖怪の山の麓へ向かった

 

 

                  To be continued in our Next Phantom…

 

 

暇だったので(単にPC版をしばらく更新してなかったので)

またまた第一話をリメイクしました

本編を読んでるうちの何人がこのリメイクに気付くかな??

もしみたならば、次本編を見た時にコメントの最後の行に「3/3」か

「7/5」と入れたまえぇぇえ!!(特に何もないけど)

予告:「紅の霧の下の門の前の門番と」

現在より時は遡り…第百十八季、夏

紅の霧に包まれた幻想の郷

怪しい館の中で博霊の巫女と普通の魔法使いが暴れていた間

門の前で起きていた激戦

その戦いは霧が晴れようと続いた

永久の時を持つ剣士「グレイ・テイルズナイト」と、中華小娘「紅美鈴

意地と信念と根性のぶつかり合いが今ここに

 

そのうち公開!!!

グレイ「何でこうなったかは俺の情報から」